お薬の効果・副作用のまとめ

【リスパダールの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではリスパダールの効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆リスパダールの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

⇒リスパダールの基本概要
⇒リスペリドンとは?
⇒リスパダールが処方される主な症状
⇒リスパダール錠を服用する際の注意点
⇒リスパダールの副作用症状
⇒リスパダールの効果・副作用のまとめ一覧表

◆リスパダールの基本概要

 リスパダール(ヤンセン・ファーマ)はその主要成分として、「リスペリドン」を配合した薬品です。

 リスペリドンは脳の中枢神経に直接働きかけ、「ドパミン」・「セロトニンの受容体」を強く遮断し、精神的な不安定状態を改善する効果があります。

 しかし、長期的に服用をした場合、依存症やその他様々な副反応症状を発症する危険性があることも確認されております。

 また、長期的に服用を続け突然服用を中止する場合、体調不良などの副作用を生じるケースも存在します。

 リスパダールの服用に関しては、正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

 

◆リスペリドンとは?

 リスパダール錠はリスペリドンと呼ばれる成分が配合されている薬剤です。

 リスペリドンは、脳の中心神経に働きかける神経伝達物質である

☆ドパミン
☆セロトニン

 と呼ばれる脳神経細胞の活動に関与する化学物質の働きを遮断する作用を持っている成分です。

 その為、医学的には別称セロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)とも呼ばれます。

 遮断能力が高い事から、統合失調症などの治療で処方されるケースが多くありますが、副作用も多く確認されている薬剤である為、使用に関しては細心の注意が必要となる薬剤でもあります。

◆リスパダールが処方される主な症状

 リスパダール錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、リスパダールに配合されている主成分の作用によります。

 主に使用される疾患としては、

☆統合失調症
☆抑うつ状態

 などの症状の改善を目的として処方されるケースが大半です。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、リスパダール錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるので、持病などによって現在使用している薬剤との併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆リスパダール錠を服用する際の注意点

 リスパダール錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 併用をした際に、リスパダールの作用を低下させる薬物としては

☆バルビツール酸誘導体
☆フェニトイン
☆リファンピシン
☆カルバマゼピン
☆チオリダジン

 などの薬物成分があげられます。

 また、リスパダールとの服用を基本的に禁止されている薬物としては「エピネフリン」があげられます。

 尚、併用によって、リスパダールの作用を強化させる可能性をもつ薬剤としては「バルビツール酸誘導体」があげられます。

 また、アルコールに関しても作用を強化する働きをもつので服用時の飲酒は極力控える必要があります。

 持病などによって、薬の併用が避けられないケースでは、現在服用している薬の成分の中に上記に掲げた成分が含まれているかどうか?について、事前に確認をすることが必要となります。

◆リスパダールの副作用症状

 リスパダールは基本的に、医師に処方された容量を厳守し、自己判断で容量を増やす事は厳禁です。

 リスパダールの副作用症状としては

☆強い眠気が常時続く
☆ふらつき感を感じる(めまい・立ちくらみなど)
☆便秘症状
☆尿が出にくい
☆唇が渇く、喉が渇く
☆集中力の低下

 などの副反応を発症するケースも多く見られます。

 また、リスパダールは特に腎臓疾患に悪影響を及ぼす可能性が高いとされており、「糖尿病」や「前立腺肥大症」などの排尿系疾患を発症している場合は、使用に関して細心の注意が必要となります。

 尚、妊娠中の妊婦、授乳中の母親は、リスパダールの使用は基本的に出来ません。

 また、非常に少ないケースではありますが極稀なケースとして「悪性症候群」と呼ばれる筋肉の硬直症状をもたらす副作用を発症するケースも確認されております。

 既に服用中で、上記に記載した副作用症状が確認される場合は、薬の使用をただちに中断し、医師の診察を必ず受けるようにしましょう。

◆リスパダールの効果・副作用のまとめ一覧表

 リスパダールの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 リスパダールの服用に関して特に注意すべきポイントとしては、妊婦や授乳中の母親の服用が禁止されている点です。

 最後にリスパダールの服用前に確認しておきたいチェックポイントを以下の表にまとめておきます。

リスパダールの効果・副作用のまとめ一覧表
処方される主な疾患 統合失調症
抑うつ状態
主な副作用症状 強い眠気が常時続く
めまい・立ちくらみ
便秘症状
尿が出にくい
唇が渇く、喉が渇く
集中力の低下
その他確認事項妊娠中の妊婦、授乳中の母親は、リスパダールの使用は基本的に不可

お薬の効果・副作用のまとめ