お薬の効果・副作用のまとめ

【メイラックスの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではメイラックスの効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆メイラックスの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

⇒メイラックスの基本概要
⇒ロフラゼプ酸エチルとは?
⇒メイラックスが処方される主な症状
⇒メイラックス錠を服用する際の注意点
⇒メイラックスの主な副作用症状
⇒メイラックスの効果・副作用のまとめ一覧表

◆メイラックスの基本概要

 メイラックス(明治製菓)はその主要成分として、「ロフラゼプ酸エチル」を配合した薬品です。

 ロフラゼプ酸エチルは自律神経を安定させる働きがあり、精神安定剤としては副作用も少なく薬の働きもおだやかな為安全性の高い成分と言えます。

 しかし依存性が働く薬でもある事から、長期的に服用をするケースが多くなってしまう問題点もあります。

 また、長期的に服用を続け突然服用を中止する場合、体調不良などの副作用を生じるケースも存在します。

 メイラックス錠の服用に関しては、正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

 

◆ロフラゼプ酸エチルとは?

 メイラックス錠はロフラゼプ酸エチルと呼ばれる成分が配合されている薬剤です。

 ロフラゼプ酸エチルは、精神の安定をもたらす作用をもつ成分で、「自律神経」に働きかけることで、様々な症状を改善する効果を持っております。

 但し、妊娠中の妊婦、授乳期の母親に関しては、胎児・乳児に与える影響を考慮しメイラックスの使用は基本的に禁止されております。

 また、自律神経を安定させる働きがある事から睡眠導入剤として使用されるケースもあり、昼間に服用をすると強い眠気をもたらすケースも多くあります。

 精神安定剤としては、非常に弱い部類に入る薬ではありますが、このようなメイラックスに含まれる成分の働きについて事前に把握しておく事が、副作用などの発症時の対策につながります。

◆メイラックスが処方される主な症状

 メイラックス錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、メイラックス錠に配合されている主成分の作用によります。

 主に使用されるケースとしては、

☆精神の安定作用が必要とされるケース
☆寝つきが悪く眠れないケース
☆軽度のうつ症状
☆統合失調症
☆高血圧症
☆動脈硬化症

 などの病気疾患の際に処方されるケースが大半です。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、メイラックス錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるので、持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆メイラックス錠を服用する際の注意点

 メイラックス錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 併用すると呼吸困難症状などを発症する可能性をもつ「リトナビル」との併用は特に厳禁です。

 この他にも、薬の併用によって次項で解説する副反応症状を過剰に引き起こす可能性をもつ成分としては

☆シプロフロキサシン
☆オメプラゾール
☆マレイン酸フルボキサミン
☆シメチジン

 などの薬物成分があげられます。

 現在、持病などをもっており、持病の薬と併用をしなければいけないケースに関しては、持病の薬に含まれている成分をしっかり確認し上記に掲げた成分が含まれているかどうかについて、必ず事前にチェックするようにしましょう。

 薬剤の併用に関しては、特に十分な注意が必要となります。

◆メイラックスの主な副作用症状

 メイラックス錠は基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば副作用を起こす事はありません。

 しかし、大量にメイラックス錠を服用したり、長期的に服用を続けた場合、主要成分であるロフラゼプ酸エチルの副作用として

☆強い眠気が常時続く
☆ふらつき感を感じる
☆集中力がもたない
☆倦怠感
☆ふらつき、立ちくらみ

 などの副反応を発症するケースも多く見られます。

 これらの副反応は、メイラックスがもつ催眠効果によって発症すると考えられております。

 また長期的に服用を続けた場合成分への慣れによる効き目の低下現象も見られるケースがあります。

 この際に、薬の量を自分で多く変えてしまっては危険です。

 依存性のある薬物ですから、使用に関しては必ず医師の推奨する容量を厳守する事が重要です。

◆メイラックスの効果・副作用のまとめ一覧表

 メイラックスの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 メイラックスの服用に関して特に注意すべきポイントとしては、薬物成分のもつ依存症の危険性がある点です。

 人体はメイラックスに限らず長期的に服用を続けるとその成分に対する慣れ症状。

 いわゆる効き目の低下現象をおこします。

 そして効き目が下がるに従い、容量を増加してしまうケースも多くあり「薬物依存症」と呼ばれる症状を発症してしまうケースがあるのです。

 最後にメイラックスの服用前に確認しておきたいチェックポイントを以下の表にまとめておきます。

メイラックスの効果・副作用のまとめ一覧表
処方される主な疾患 精神の安定作用が必要とされるケース
寝つきが悪く眠れないケース
軽度のうつ症状
統合失調症
動脈硬化症
主な副作用症状 強い眠気が常時続く
ふらつき感を感じ
集中力がもたない
倦怠感
その他確認事項依存性のあるお薬である為、用法・容量を特に厳守。効き目が弱く感じても量を増やさない
 

お薬の効果・副作用のまとめ