お薬の効果・副作用のまとめ

【レビトラの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではレビトラ(ED治療薬)の効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆レビトラの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

⇒レビトラの基本概要
⇒塩酸バルデナフィルの働きについて
⇒レビトラの服用方法について
⇒レビトラを服用する際の注意点
⇒主な副作用症状の一覧
⇒レビトラの効果・副作用のまとめ一覧表

◆レビトラの基本概要

 レビトラ(バイエル薬品)はその主要成分として、「塩酸バルデナフィル」と呼ばれる成分を配合した薬品です。

 レビトラは陰茎の勃起を止める酵素である「PDE5」の働きを阻害し、陰茎の海綿体の弛緩を強める効果がある薬です。

 また陰茎内部の血管を弛める作用によって血圧を下げる作用があります。

 その為、「血圧降下作用をもつ薬剤」などを使用している場合は細心の注意を必要とします。

 レビトラの作用によって、海綿体へ流れる血液量は増加し陰茎の勃起を誘発する働きがあります。

 近年ではED(Erectile Dysfunctionの略)いわゆる勃起不全の治療薬として認識されるようになっております。

 尚、レビトラは性欲亢進薬(精力増強剤)ではありません。

◆塩酸バルデナフィルの働きについて

 レビトラ錠は「塩酸バルデナフィル」と呼ばれる成分が配合されている薬剤です。

 塩酸バルデナフィルは、陰茎の海綿体を弛緩するとともに、陰茎内部の血管を弛める作用によって「血圧降下作用」をもたらす働きをもつ成分です。

 勃起不全あるいは勃起障害などのED(Erectile Dysfunctionの略)に対する治療薬として広く認知されるようになり、「バイアグラ」と同系統の薬剤となります。

◆レビトラの服用方法について

 レビトラ錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、レビトラに配合されている主成分の作用によります。

 主に使用される疾患及び症状としては、「勃起不全症」の治療目的で使用されます。

 服用後、薬の効果があらわれるまでの時間が短い点も大きな特徴となっており「性行為の1時間前」に1回1錠(10mg)を服用するのが基本です。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、レビトラ錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるので、持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆レビトラを服用する際の注意点

 レビトラ錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 併用をした際に、血圧の降下作用が著しく高まる危険性のある薬物としては、一酸化窒素供与剤である以下の薬物成分があげられます。

【血圧の降下作用に影響をもたらす可能性をもつ成分】
☆亜硝酸アミル
☆ニトログリセリン
☆硝酸イソソルビド

 また、レビトラと併用をした際にレビトラの血中濃度を高める可能性のある薬物成分としては「エリスロマイシン」・「ビカルタミド」などの成分があげられます。

 これら上記の成分を含有する薬剤との併用に関しては細心の注意が必要です。

◆主な副作用症状の一覧

 レビトラは基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば重度の副作用を起こす事はありません。

 レビトラの副作用症状として確認されているものとしては主に以下のような副作用症状があります。

【主な副作用症状一覧】
☆頭痛・ほてり感
☆高血圧
☆潮紅
☆心筋梗塞
☆失神

 主な副作用症状から見ても分かるとおり血圧に作用する薬剤独特の症状を発症するケースが多く見られるのが特徴です。

 また、一部視力低下などの「視覚障害」に関わる副作用症状も幾つかの事例が確認されております。

 これら上記に関わる症状を確認した場合は、すみやかに医師の診察を仰ぐ事が重要です。

◆レビトラの効果・副作用のまとめ一覧表

 レビトラの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 レビトラの服用に関して特に注意すべきポイントとしては、副作用症状として確認されている血圧の上昇作用です。

 使用後に体調が優れないケースや血圧の数値に異常が確認されるケースなどでは、必ず使用を一時中断し、医師へ相談しましょう。

 最後にレビトラの服用前に確認しておきたいチェックポイントを以下の表にまとめておきます。

レビトラの効果・副作用のまとめ一覧表
処方される主な疾患 勃起不全(ED)
主な副作用症状 頭痛・ほてり感
高血圧
潮紅
心筋梗塞
失神
その他確認事項視覚障害を発症するという報告も一部あり

お薬の効果・副作用のまとめ