お薬の効果・副作用のまとめ

【ジェイゾロフトの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではジェイゾロフトの効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆ジェイゾロフトの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

⇒ジェイゾロフトの基本概要
⇒塩酸セルトラリンとは?
⇒ジェイゾロフトが処方される主な症状
⇒飲酒時も服用も注意
⇒ジェイゾロフトの副作用症状
⇒ジェイゾロフトの効果・副作用のまとめ一覧表

◆ジェイゾロフトの基本概要

 ジェイゾロフト(ファイザー)はその主要成分として、「塩酸セルトラリン」を配合した薬品です。

 セルトラリンは比較的安定性の高い成分のひとつではありますが、服用する容量、期間など医師の指導通り服用する事が何よりも大切です。

 また、長期的に服用を続け突然服用を中止する場合、体調不良などの副作用を生じるケースも存在します。

 ジェイゾロフトの服用に関しては、正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

◆塩酸セルトラリンとは?

 ジェイゾロフト錠は「塩酸セルトラリン」と呼ばれる成分が配合されている薬剤です。

 塩酸セルトラリンは、脳内神経伝達物質の中のひとつであるセロトニンの受容体を遮断することによってセロトニンの取り込みを阻害する働きをもつ成分です。

 セロトニンの取り込みが阻害されると脳内のセロトニン濃度は失われることなく濃度が徐々に高まり結果的に神経回路の流れが良くなるのがジェイゾロフトの効果です。

◆ジェイゾロフトが処方される主な症状

 ジェイゾロフト錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、ジェイゾロフトに配合されている主成分の作用によります。

 主に使用される症状としては、

☆うつ症状
☆精神不安定症状
☆不眠症
☆パニック障害

 などの症状の改善を目的として処方されるケースが大半です。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、ジェイゾロフト錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるので、持病などがあり持病の治療としての薬剤との併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆飲酒時も服用も注意

 ジェイゾロフト錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 特にジェイゾロフト錠との併用を避けるべき成分、及び薬としては

☆セレギリン
☆ピモジド
☆炭酸リチウム
☆ワルファリン

 などの薬物成分があげられます。

 また、アルコール飲酒時はジェイゾロフト錠の作用を過剰にする傾向にあるので、飲酒時の服用に関しても細心の注意が必要となります。

◆ジェイゾロフトの主な副作用症状

 ジェイゾロフト錠は基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば副作用を起こす事はありません。

 しかし、ジェイゾロフトの主要成分であるセルトラリンの副作用として以下のような副反応を発症するケースも多く見られます。

【ジェイゾロフトの主な副作用症状】
☆吐き気がする
☆強い眠気が常時続く
☆ふらつき感を感じる
☆皮膚に発疹が出る
☆唇が渇く、喉が渇く
☆尿がでづらくなる

 などの副反応を発症するケースも多く見られます。

 特にジェイゾロフトの服用開始から1〜2週間の期間に関しては、強い吐き気や眠気、めまいが続くケースが多く確認されております。

 服用開始から数週間の期間は、特に運転などについては注意を払う事が重要です。

◆ジェイゾロフトの効果・副作用のまとめ一覧表

 ジェイゾロフトの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 ジェイゾロフトの服用に関して注意すべきポイントとしては、アルコールとの併用で作用を強化させる可能性がある点です。

 最後にジェイゾロフトの服用前に確認しておきたいチェックポイントを以下の表にまとめておきます。

ジェイゾロフトの効果・副作用のまとめ一覧表
処方される主な疾患 うつ症状
精神不安定症状
不眠症
パニック障害
主な副作用症状 吐き気がする
強い眠気が常時続く
ふらつき感を感じる
皮膚に発疹が出る
唇が渇く、喉が渇く
尿がでづらくなる
その他確認事項飲酒時はジェイゾロフトの作用が過剰に働く可能性がある

お薬の効果・副作用のまとめ