お薬の効果・副作用のまとめ

【デュファストンの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではデュファストンの効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆デュファストンの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

◆デュファストンの基本概要

 デュファストン(第一三共株式会社)は合成黄体ホルモン(プロゲステロン)で、天然の黄体ホルモンと同じ作用を示します。

 黄体ホルモンは排卵後の卵胞から分泌される女性ホルモンで子宮内膜を充実させ受精卵が着床しやすい状態を作り出します。

 この黄体ホルモンは受精卵着床後も分泌が続き妊娠の維持にも必要なホルモンです。

 デュファストンは黄体ホルモンを補うことによって、女性ホルモンのバランスを整え、様々な症状を改善する働きをもつ薬物です。

 

◆避妊薬としても処方されるデュファストン

 デュファストンは連続的に使用した場合は、卵巣に対して未熟な卵胞の成熟を阻止し排卵・月経を抑制する働きもある為、使用方法によっては避妊薬としての効果もあります。

 デュファストンは比較的安全性が高く、かつ効果も優良な薬品です。

 しかし、「血栓症」などの重度の副作用症状の発症も確認されており油断は出来ません。

 デュファストンの服用に関しては、正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

◆ジドロゲステロンとは?

 デュファストン錠は「ジドロゲステロン」が配合されている女性ホルモンをコントロールする働きをもつ薬剤です。

 ジドロゲステロンは、合成の黄体ホルモンで子宮内膜を充実させ受精卵が着床しやすい状態を作り出します。

 尚、デュファストンは流産の防止薬としても使用されております。

◆デュファストンが処方される主なケース

 デュファストン錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、デュファストンに配合されている主成分の作用によります。

 デュファストンが処方される主なケースには以下のような症状の改善を目的としているケースが大半です。

【デュファストンが処方される主なケース】
☆生理不順(無月経など)
☆機能性子宮出血
☆月経周期異常
☆黄体機能不全による不妊症
☆切迫流早産
☆習慣性流早産
☆子宮内膜症

 基礎体温に関しては、デュファストンは基礎体温の上昇作用のない合成黄体ホルモン剤ですから別の要因を検討します。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、デュファストン錠の働く作用を強めたり効果を薄めたりするケースもあるので、持病などがあり、持病の薬剤との併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆ホルモン剤の併用について

 デュファストン錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 デュファストンとの併用によって最も危険性を高める薬物としては他の性ホルモン剤があげられます。

 ホルモン剤は併用した場合、重度の副作用症状を発症する可能性が高まります。

 特に、血栓症は注意が必要でこれらのホルモン剤を併用して服用する際は、十分な注意が必要となります。

◆副作用として多く見られる症状

 デュファストンは基本的に、医師に処方された容量を守り、継続的に使用をしていく薬品です。

 デュファストンの主な副作用症状としては以下のような症状が確認されております。

【副作用として多く見られる症状】
☆吐き気症状
☆食欲の低下
☆頭痛
☆めまい
☆腹痛
☆乳房の張り
☆下痢症状

 この他、滅多にありませんが重度の副作用症状として確認されているものでは以下の症状があります。

【副作用として多く見られる症状】
☆アナフィラキシーショック症状
☆眼球突出
☆脳梗塞などの重い血栓症

 尚、既に服用中で、上記に記載した副作用症状が確認される場合は、薬の使用を中断し医師の診察を必ず受けるようにしましょう。

◆デュファストンの効果・副作用のまとめ一覧表

 デュファストンの副作用について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 デュファストンの服用に関して特に注意すべきポイントとしては、脳梗塞などの血栓症の危険性がある点です。

 また、眼球の突出などの副作用症状の発症に関しても報告が確認されております。

 最後にデュファストンの服用前に確認しておきたいチェックポイントをおさらいとして以下の表にまとめておきます。

デュファストンの効果・副作用のまとめ
処方される主な疾患生理不順(無月経など)
機能性子宮出血
月経周期異常
黄体機能不全による不妊症
子宮内膜症
切迫流早産
習慣性流早産
主な副作用症状吐き気症状
食欲の低下
下痢症状
頭痛・腹痛・めまい
乳房の張り
その他確認事項他のホルモン剤との併用は原則禁止。血栓症の可能性も把握しておくこと

お薬の効果・副作用のまとめ