お薬の効果・副作用のまとめ

【ドオルトンの効果・副作用のまとめ】

お薬ぶっく♪ではドオルトンの効果・働き・公開されている主な副作用症状を入門者向きに解説しております。

◆ドオルトンの効果・副作用のまとめ♪(もくじ)

⇒ドオルトンの基本概要
⇒ドオルトンの成分による種別について
⇒ドオルトンの使用目的について
⇒ドオルトン錠を服用する際の注意点について
⇒主な副作用症状の一覧
⇒ドオルトンの効果・副作用のまとめ一覧表

◆ドオルトンの基本概要

 ドオルトンはその主要成分として、「黄体ホルモン」及び「卵胞ホルモン」を配合した薬品です。

 黄体ホルモンは排卵を促進する作用がありますが、長期的に服用をした場合、体温の向上、食欲の増進及び、体調不良現象が出てきます。

 卵胞ホルモンは、卵胞の成熟を促すホルモンの事で、卵胞が黄体化するのを促し、卵巣を成熟させる働きをもっておりますが、服用後は吐き気を伴うケースも多くあります。

 また、ドオルトンはホルモンのバランスをコントロールする目的がある事から「周期的な投与」が必要です。

 治療期間中は基本的な、「飲み忘れ」などにも注意をしなければいけません。

 ドオルトンの服用に関しては、正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

 

◆ドオルトンの成分による種別について

 ドオルトン錠は「黄体ホルモン」「卵胞ホルモン」の2つの女性ホルモンが複合されている薬剤です。

 配合配分はほぼ同程度で、一般的に女性ホルモンのバランスをコントロール薬である「避妊薬(ピル)」として把握されております。

 尚、処方は基本的に「産婦人科」で行っております。

 配合されている成分としては

☆エチニルエストラジオール(経口避妊薬)
☆ノルゲストレル

 の2種類の成分が主力となっております。

 その為、病院では「ノルゲストレル・エチニルエストラジオール錠」とも呼ばれておりますがこれらは同様の薬のことです。

◆ドオルトンの使用目的について

 ドオルトン錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、ドオルトンに配合されている主成分の作用によります。

 主に使用される症状としては、

☆生理不順
☆無月経
☆子宮内膜症
☆機能性子宮出血
☆卵巣機能不全

 などの症状の改善、及びコントロールを目的として処方されるケースが大半です。

 尚、他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、ドオルトン錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるので、持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

 通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

◆ドオルトン錠を服用する際の注意点について

 ドオルトン錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。

 併用をした際に、ドオルトンの作用を低下させる薬物としては

☆リファンピシン
☆フェノバルビタール
☆フェニトイン☆グリセオフルビン

 などの薬物成分があげられます。

 上記に掲げた、これらの薬剤を併用して服用する際は、医師に事前に確認を取ることが大切です。

 また薬の服用を継続する必要があるため、割りとありがちな「薬の飲み忘れ」に関しても注意を払う必要があります。

 ドオルトンは「女性ホルモン」をコントロールする働きをもつ医薬品です。

 周期的な投与によって効果を期待する薬品である点も忘れてはいけません。

◆ドオルトンの主な副作用症状の一覧

 ドオルトンは基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば重度の副作用を起こす事はありません。

 しかし、服用開始から2〜3ヶ月程度の期間は

☆吐き気・嘔吐
☆乳房の張り感覚
☆不正出血
☆腹痛

 などの女性ホルモン剤独特の症状を発症するケースが多く見られます。

 不正出血は薬の飲み忘れなどによって服用の周期が乱れると発生します。

 尚、長期的に継続して使用する場合は「血栓症」と呼ばれる四肢の麻痺症状を発症するケースがごく稀に存在します。

 血栓症は「手足のしびれ症状」「視力の急激な低下」などの症状を確認した場合は、すみやかに医師の診察を仰ぐ事が重要です。

◆ドオルトンの効果・副作用のまとめ一覧表

 ドオルトン錠の服用によって発症する可能性が検討される副作用症状について、再度重要なポイントをおさらいしましょう。

 ドオルトンの服用に関して特に注意すべきポイントとしては、手足のしびれ症状などを伴う血栓症の発生の危険性がある点です。

 最後にドオルトンの服用前に確認しておきたいチェックポイントをおさらいとして以下の表にまとめておきます。

ドオルトンの効果・副作用のまとめ
処方される主な
疾患・症状
生理不順
無月経
子宮内膜症
機能性子宮出血
卵巣機能不全排卵障害(排卵のコントロール)
主な副作用症状 吐き気・嘔吐
乳房の張り感覚
不正出血
腹痛
血栓症(稀に発症する可能性があり)
その他確認事項飲み忘れが続くと効果が半減する可能性あり

お薬の効果・副作用のまとめ